醜状障害について

(1)醜状痕は慰謝料等の増額要因になる

交通事故により怪我や手術をした場合、怪我や手術を原因として、外貌に醜状痕が残ってしまう場合があります。

そして、この醜状痕が、後遺障害として認められれば、交通事故の相手方に請求する慰謝料の増額をすることが可能です。
 

(2)醜状障害とは何か

醜状障害とは、交通事故による怪我や手術を原因として、外貌に醜状痕が残ることをいいます。

具体的には、頭や顔、首など日常的に人の目に触れる部分に、人目につく程度を超えて瘢痕(あばた)や線状痕(線状の傷跡)などの傷痕が残る場合がこれに該当します。
 

(3)醜状痕と後遺障害等級の認定

醜状障害が残った場合、これを理由として後遺障害が認められれば、交通事故の相手方に対し請求する慰謝料の増額をすることが可能です。
したがって、後遺障害等級の認定手続が重要となります。

交通事故による怪我や手術により醜状障害が生じた場合には、箇所や程度により、後遺障害等級7級、9級、12級、または14級の後遺障害が認定される可能性があります。

後遺障害等級認定の申請の段階では、痛みが消失していることが多く、申請の対象として見落とされてしまうことが多々あります。
また、毛髪で隠れる部分や目の届きにくい部分に傷痕が残っている場合には、見落とされてしまうことが多いことから、このような場合には特に注意が必要です。

各等級の内容は以下のとおりです。
 

①後遺障害等級7級「外貌に著しい醜状を残すもの」

次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度以上のものをいいます

ⅰ)頭部にあっては、てのひら大(指の部分は含まない。)以上の瘢痕または頭蓋骨のてのひら大以上の欠損
ⅱ)顔面部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕または10円銅貨大以上の組織陥没
ⅲ)頚部にあっては、てのひら大以上の瘢痕
 

②後遺障害等級9級「外貌に相当程度の醜状を残すもの」

顔面部の長さ5センチメートル以上の線状痕で、人目につく程度以上のもの
 

③後遺障害等級12級14号「外貌に醜状を残すもの」

次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度以上のものをいいます

ⅰ)頭部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕または鶏卵大面以上の欠損
ⅱ)顔面部にあっては、10円銅貨大以上の瘢痕または長さ3センチメートル以上の線状痕
ⅲ)頚部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕
 

④14級「上肢・下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの」

ここでいう上肢の露出面とは、上腕(肩関節以下)から指先までのことをいい、下肢の露出面とは、大腿(股関節以下)から足の背までのことをいいます。

 
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.