脊髄損傷(脊髄障害)について

(1)脊髄損傷は慰謝料等の増額要因になる

交通事故を原因としてり患する代表的な疾患の一つに、脊髄損傷があります。

そしてこの脊髄損傷が後遺障害として認められれば、交通事故の相手方に請求する慰謝料等を増額することが可能です。
 

(2)脊髄損傷とは何か

脊髄とは、頭側から尾側の尾骨まで背骨の中を通っている太い神経の束(中枢神経)です。

そして、交通事故により強い衝撃を受けたことにより、背骨が折れたり脱臼したりすることでこの脊髄が損傷することを、脊髄損傷といいます。
さらに、この脊髄の損傷を原因として、運動機能、感覚機能、自律神経系、排泄機能等の障害が生じることを脊髄障害といいます。

例えば、脊髄が完全に断裂した場合には、その部位以下の身体の機能は完全に麻痺します。
また、脊髄を部分的に損傷した場合には、一部の機能が麻痺する状態となります。

このように、脊髄障害の程度は、損傷部位や損傷の程度により大きく異なります。
 

(3)脊髄損傷と後遺障害等級の認定

脊髄損傷(脊髄障害)における後遺障害等級は、麻痺の範囲(四肢麻痺、片麻痺、単麻痺、対麻痺)、麻痺の程度(高度、中等度、軽度)、MRIやCTの画像所見による裏付け、各種の神経症状テストの検査結果、介護の要否とその程度、及び適切な記載のある後遺障害診断書の有無等の事情を考慮して、下記の1級から12級までの認定が行われます。
 

①後遺障害等級1級

「神経系統の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの」
 
具体的には、高度の四肢麻痺が認められるもの、高度の対麻痺が認められるものや、中等度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの等がこれに該当します。
 

②後遺障害等級2級

「神経系統の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの」
 
具体的には、中等度の四肢麻痺が認められるものや、軽度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するものがこれに該当します。
 

③後遺障害等級3級

「神経系統の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの」
 
具体的には、軽度の四肢麻痺が認められるものであって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要しないものや、中等度の対麻痺が認められるものであって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要しないものがこれに該当します。
 

④後遺障害等級5級

「神経系統の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの」
 
具体的には、軽度の対麻痺が認められるものや、一下肢の高度の単麻痺が認められるものがこれに該当します。
 

⑤後遺障害等級7級

「神経系統の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの」
 
具体的には、一下肢の中等度の単麻痺が認められるものがこれに該当します。
 

⑥後遺障害等級9級

「神経系統の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの」
 
具体的には、一下肢に軽度の単麻痺が認められるものがこれに該当します。
 

⑦後遺障害等級12級

「局部に頑固な神経症状を残すもの」
 
具体的には、運動性、支持性、巧緻性および速度についての支障がほとんど認められない程度の軽微な麻痺を残すものがこれに該当します。

 
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.