RSD・カウザルギーについて

(1)CRPS(RSD・カウザルギー)は慰謝料等の増額要因になる

交通事故を原因としてり患する代表的な疾患の一つに、CRPS(RSD・カウザルギー)というものがあります。

交通事故で受けた衝撃とは不釣り合いに激しい痛み(灼熱痛)が慢性的に続くことがあった場合には、このCRPS(RSD・カウザルギー)にり患している可能性があります。

そして、このCRPS(RSD・カウザルギー)が、後遺障害として認められれば、交通事故の相手方に請求する慰謝料等を増額することが可能です。
 

(2)CRPS(RSD・カウザルギー)とは何か

CRPS(日本語病名:複合性局所疼痛症候群)とは、手足の外傷時に神経を損傷することにより、焼けるような耐え難く激しい痛みがあり、通常の治療では完治することが困難な疾患です。
RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)・カウザルギーと呼ばれる疾患の総称です。

CRPSのうち、神経損傷のない組織損傷に関連するものがRSD(反射性交感神経性ジストロフィー)です。
他方、神経も巻き込んだ損傷に関連するものが、カウザルギーです。
他にも肩手症候群やズデック骨萎縮などの名称で呼ばれることがあります。
 

(3)CRPS(RSD・カウザルギー)の特徴的な症状とは

CRPS(RSD・カウザルギー)の特徴的な症状とは、原因となった交通事故で受けた衝撃と比較して不釣り合いに焼けるような耐えがたく激しい痛み(灼熱痛)です。

その他にも、着衣や微風などの触感が痛みとして認識される、皮膚の変化(色の変化、光沢、乾燥または鱗状など)、浮腫等があります。
 

(4)CRPS(RSD・カウザルギー)と後遺障害等級の認定

CRPS(RSD・カウザルギー)にり患した場合、これを理由として後遺障害が認められれば、交通事故の相手方に対し、「後遺障害逸失利益」と「後遺障害慰謝料」を請求することができます。
したがって、後遺障害等級の認定手続が重要となります。
 
カウザルギーについては、疼痛の部位、性状、疼痛発作の頻度、疼痛の強度と持続時間および日内変動ならびに疼痛の原因となる他覚的所見等により、疼痛の労働能力に及ぼす影響を判断して、それぞれ第7級(軽易な労務以外の労働に常に差し支える程度の疼痛があるもの)、第9級(通常の労務に服することはできるが、疼痛により時には労働に従事することができなくなるため、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの)、第12級(通常の労務に服することはできるが、時には労働に差し支える程度の疼痛が起こるもの)が認定されます。
 
RSDについては、①関節拘縮、②骨の委縮、③皮膚の変化(皮膚温の変化、皮膚の委縮)という慢性期の主要な3つの症状が健側(=異常がない側)と比較して、明らかに認められる場合に限り、カウザルギーと同様の基準により等級認定がなされます。

特に、CRPS(RSD・カウザルギー)と「単なる受傷部位の疼痛」とを区別する客観的な所見として、「②骨の萎縮」が重要なポイントとなります。

 
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.