高次脳機能障害について

(1)高次脳機能障害は慰謝料等の増額要因になる

交通事故を原因としてり患する代表的な疾患の一つに、高次脳機能障害があります。

交通事故で脳に損傷を受けて意識障害が続いた場合、その後一見回復したとしても、記憶力・集中力・判断力等の低下や、人格変化が生じた場合には、高次脳機能障害にり患している可能性があります。

そして、この高次脳機能障害が、後遺障害として認められれば、交通事故の相手方に請求する慰謝料等を増額することが可能です。
 

(2)高次脳機能障害とは何か

高次脳機能障害とは、主に脳の損傷を原因として様々な神経心理学的症状引き起こす疾患です。

脳に損傷を負うことによって、感情をコントロールしたり、行動の目的を認識したりすることが突然できなくなります。
 

(3)高次脳機能障害の特徴的な症状とは

高次脳機能障害の特徴的な症状は、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害等です。

外部からわかりやすい症状(身体の動きが不自由になる、言語障害になる等)を伴う脳の障害とは異なり、その症状が外部からはわかりづらいのが特徴です。
 

(4)高次脳機能障害と後遺障害等級の認定

高次脳機能障害にり患した場合、これを理由として後遺障害が認められれば、交通事故の相手方に対する慰謝料等の増額をすることが可能です。

そして、症状の程度により、次の1級から9級までの後遺障害等級の認定を受ける可能性があります。
 

① 別表第一1級1号:

「神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの」

身体機能は残存しているが高度の痴呆があるために、生活維持に必要な身の回り動作に全面的に介護を要するものをいいます。
 

② 別表第一2級1号

「神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの」
 
著しい判断力の低下や情動の不安定などがあって、1人で外出することができず、日常の生活範囲は自宅内に限定されており、身体動作的には排泄、食事などの活動を行うことができても、生命維持に必要な身辺動作に、家族からの声掛けや看視を欠かすことができないものをいいます。
 

③ 別表第二3級3号

「神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの」

自宅周辺を1人で外出できるなど、日常の生活範囲は自宅に限定されていない。
また声掛けや、介助なしでも日常の動作を行える。
しかし、記憶や注意力、新しいことを学習する能力、障害の自己認識、円滑な対人関係維持能力などに著しい障害があって、一般就労が全くできないか、困難なもの、をいいます。
 

④ 別表第二5級2号

「神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの」
 
単純くり返し作業などに限定すれば、一般就労も可能。
ただし新しい作業を学習できなかった理、環境が変わると作業を継続できなくなるなどの問題がある。
このため一般人に比較して作業能力が著しく制限されており、就労の維持には、職場の理解と援助を欠かすことができないものをいいます。
 

⑤ 別表第二7級4号

「神経系統の機能または精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの」
 
一般就労を維持できるが、作業の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどのことから一般人と同等の作業を行うことができないものをいいます。
 

⑥ 別表第二9級10号

「神経系統の機能または精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの」

一般就労を維持できるが、問題解決能力などに障害が残り、作業効率や作業維持力などに問題があるものをいいます。

 
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.