相手方・保険会社の対応に納得出来ない方へ

交通事故の相手方からの連絡がない場合

交通事故に遭った場合、加害者が任意保険に加入していない場合、加害者と示談の交渉を行っていく必要があります。

しかし、加害者が支払いに応じないというだけでなく、そもそも連絡がない場合や連絡しても連絡がとれない場合が少なくありません。

このような場合も弁護士に依頼いただき、弁護士が加害者と交渉にあたることで、加害者が事態の重要性を認識し、交渉が成立することも少なくありません。
 

保険会社の対応が威圧的な場合

保険会社の担当者と交通事故の被害者が交渉している場合、しばしば保険会社の担当者が、この場合担当者が意図的に威圧的な態度をとっているかはわかりませんが、交通事故の被害者の方はただでさえ、事故の精神的ショックや、入通院につらさ、後遺症の痛み等に悩まされている上、保険会社の担当者が威圧的であると交渉自体早く終わらそうとして、不本意な提示額のまま、保険会社との示談に応じてしまうケースがあるようです。
 
しかし、そのような場合は是非当事務所にご依頼下さい。

当事務所では保険会社との交渉経験豊富な弁護士がいるので、仮に保険会社の担当者が威圧的な態度にでてきた場合も全く動じずに、担当者の思惑や、保険会社のとる戦術を冷静に分析した上で適切に対処し、被害者の方が適正な賠償額を得る解決を導きます。
 
交通事故の被害者の方で、現在保険会社と交渉中だが担当者の態度が威圧的等の理由で交渉を続けるのが心理的に負担となっている方がいらっしゃいましたら、当事務所は交通事故被害者の方の法律相談は無料ですので、是非当事務所にご相談下さい。

 
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.