交通事故に強い弁護士の選び方

交通事故の解決を弁護士に依頼するメリット

弁護士というと敷居が高い、相談しづらいという方もたくさんいらっしゃるかと思います。

しかし、弁護士は後遺障害の認定を受けるための申請、保険会社との交渉、保険会社との交渉が成立しなかった場合の裁判等いずれの段階でも、高度の法的知識が必要とされ、法専門家の助力が必須です。
 
法専門家には弁護士の他にも行政書士、司法書士がいますが、交通事故被害者の方は弁護士の助力を受けるのが最適です。
 
行政書士は法専門家ですが、行政書士は他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類、その他権利義務または事実証明に関する書類を作成することを業とする者であり、書面の作成や提出手続きの代理を行うことができますが、代理人として保険会社との示談交渉を行うことや裁判の代理人を務めることはできません。
 
また司法書士も法専門家ですが、司法書士は他人の嘱託を受けて、裁判所、検察庁または法務局、地方法務局に提出する書類を作成し、登記または供託に関する手続を代わってすることを業とする者です。
また、司法書士は簡易裁判所の裁判には代理人として活動することができますが、140万円までの金額しか扱えないため、それ以上の金額の場合、別途代理人を探す必要があります。
 
そこで、弁護士の場合は、法的な制限なく被害者の方の代理人を務めることができますので、安心してご依頼いただけます。
 
また、当事務所は交通事故被害者の方は無料法律相談、無料賠償額診断を受けられますので、費用についても気にせずご相談を受けていただくことが可能です。
 

弁護士の中でも交通事故に強い弁護士を選ぶには

交通事故の分野は著作権等の知的財産権と同様に専門性法律分野になります。
債務整理や過払い金請求、離婚とはやや扱いが異なります。

交通事故の場合、自動車保険の仕組みや損害保険会社の交渉の仕方も熟知している必要があります。
保険会社との交渉の仕方については専門書があるわけではなく、弁護士が保険会社と交渉をしていくにつれて、保険会社の交渉の仕方を経験で学んでいくしかありません。

交通事故をメインとして取り扱う弁護士は、自動車保険の仕組みや損害保険会社の交渉の仕方も熟知している弁護士ですし、不慣れな弁護士に依頼した時と比べ、解決のスピードや賠償の金額に著しい差が出る可能性があります。

交通事故の損害賠償金額で保険会社の提示に納得がいかず、弁護士を探す場合には、交通事故をメインに取り扱う弁護士が良いことは間違いありません。
 
このように、交通事故は、民事事件の中でも、複雑な法律知識や時に医療の知識が要求される、極めて専門性の高い分野です。
そうした中で強みになるのは交通事故の分野の経験です。

当事務所では、交通事故分野で多くの経験を積んだ弁護士が対応にあたりますので、安心してご相談、ご依頼下さい。

 
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.