交通事故の様々な解決方法

交通事故には、示談や訴訟等様々な解決方法がございます。

以下では各解決方法について、簡単にご説明いたします。
 

(1)示談(交渉)

示談とは、当事者同士の話し合いにより一定の解決方針を約束して、事件を解決する方法です。

基本的には、交通事故加害者が一定の損害賠償額を被害者に支払うことを約し、他方で被害者は、加害者と合意した損害賠償額以上の金額は、以後請求しないことを約します。

なお、交通事故の約90%は、この示談により解決されており、また大半の示談交渉は、通常、加害者本人ではなく、加害者が加入している保険会社と被害者との間で行われます。
そして、保険会社は、いわば、交通事故における示談交渉のプロですので、被害者は、知らず知らずのうちに、被害者に不利な条件で示談させられてしまうおそれがあります。

また、一度示談が成立すると、特別の事情がない限り、示談の内容を変更したり撤回したりすることはできません。
したがいまして、保険会社との示談交渉が開始したら、慎重に対応する必要があります。

もっとも、交通事故の示談交渉には、専門的知識やスキルが必要となりますので、一般の方が、保険会社と対等に示談交渉を進めることはかなり困難といえます。
適正な賠償額を獲得するためにも、保険会社と交通事故の示談交渉については、交通事故の専門家である弁護士に依頼することをお勧めします。
 

(2)交通事故紛争処理センターでのあっせん手続

公益法人である交通事故紛争処理センターが、公正・中立な立場である第三者として関わりながら、和解をあっせんして、最終的には当事者間の話し合いによる解決を目指す方法です。

この交通事故紛争処理センターを利用すれば、弁護士に依頼せずとも、高額な賠償額となる裁判所基準(弁護士基準)にもとづく賠償額で解決できる可能性があります。

ただし、弁護士に依頼しない場合、交通事故被害者は、知らず知らずのうちに、加害者側の保険会社に不利な条件をのまされるおそれがある点は、(1)示談の場合と同様といえます。
 

(3)調停

調停とは、簡易裁判所において、第三者である調停委員が、交通事故被害者及び加害者双方の主張を聞いて、中立な立場で、適正な賠償額を示すなどして、最終的には、被害者及び加害者との間で話し合いによる解決を目指す解決方法です。

話し合いによる解決が成立し、一定の解決方針について被害者及び加害者双方が合意をすれば、当該合意をした解決方針について「調停調書」という書類が作成されます。

そして、この「調停調書」の内容は、裁判による判決と同一の効力を有することになりますので、万が一、交通事故の加害者が、合意した解決方針に従わない場合には、被害者は加害者に対しこの「調停調書」を根拠に強制執行を行うことができます。

他方で、あくまでも話し合いによる解決を目指す手続ですので、例えば事故態様に関する事実関係について、被害者及び加害者双方の主張が真っ向から対立しているような事案には、適さないといえます。
 

(4)訴訟・裁判

裁判とは、裁判所にて民事訴訟を提起し、互いの主張と立証を尽くして、最終的に裁判所による解決を仰ぐ解決方針です。

裁判には、多額の費用と時間がかかるとのデメリットがありますが、上記(1)~(3)のような、当事者間の話し合いによる解決ができない場合には、この裁判により事件の解決を図ることになります。

 
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.