後遺症の慰謝料は裁判基準利用で増額できる

(1)後遺障害慰謝料とは

交通事故の被害に遭って後遺症が残った場合、この後遺症が「後遺障害」として認められれば、この「後遺障害」を理由に慰謝料を請求することができます。
これが、「後遺障害慰謝料」です。

この「後遺障害慰謝料」は、通常の入通院慰謝料とは別途支払われます。
 
そして、この「後遺障害慰謝料」の算定基準には、①弁護士が利用する裁判基準と②通常保険会社が利用する自賠責基準の2つがあります。

この①弁護士が利用する裁判基準と②通常保険会社が利用する自賠責基準は、その金額に大きな違いがあり、基本的には、①弁護士が利用する裁判基準の金額が、②通常保険会社が利用する自賠責基準の金額を、大きく上回ります。
 
このようなことから、「後遺障害慰謝料」は、交通事故事件で弁護士を利用する大きなメリットの一つ、ということができます。
 

(2)裁判基準と自賠責基準の比較

下記は、後遺症が「後遺障害」として認定された場合の「後遺障害慰謝料」について、①弁護士が利用する裁判基準と②通常保険会社が利用する自賠責基準に基づくそれぞれの慰謝料金額の比較表です。

下記の表を見れば一目瞭然ですが、両者の金額には大きな違いがあり、場合によっては、①弁護士が利用する裁判基準を利用することで、②通常保険会社が利用する自賠責基準を利用した場合よりも、後遺障害慰謝料を1000万円以上増額させることが可能です。
 

後遺障害慰謝料等級別の裁判基準と自賠責基準の比較表

等級 裁判基準 自賠責基準
1級 2600万円~3000万円 1100万円
2級 2200万円~2600万円 958万円
3級 1800万円~2200万円 829万円
4級 1500万円~1800万円 712万円
5級 1300万円~1500万円 599万円
6級 1100万円~1300万円 498万円
7級 900万円~1100万円 409万円
8級 750万円~870万円 324万円
9級 600万円~700万円 245万円
10級 480万円~570万円 187万円
11級 360万円~430万円 135万円
12級 250万円~300万円 93万円
13級 160万円~190万円 57万円
14級 90万円~120万円 32万円

 
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.