慰謝料の計算方法と3つの算定基準

(1)慰謝料には3つの算定基準がある

交通事故における「慰謝料」には、算定基準(計算方法)と相場がありますので、相手方との交渉をスムーズに進めるためには、この算定基準(計算方法)と相場を知っていることが重要となります。

そして、この交通事故における「慰謝料」の算定基準には、①自賠責基準、②任意保険基準、③裁判基準(弁護士基準)の3つがあります。
 
交通事故の交渉においては、加害者が加入する保険会社が、まず慰謝料等の賠償額を提示しますが、当然のことながら、保険会社は、保険会社は自己に最も有利な基準を利用します。

したがって、保険会社から慰謝料金額を提示された場合であっても、多くの場合、交渉によって、提示金額よりも高い金額で示談することが可能です。
 

(2)裁判基準を利用することで慰謝料の増額が可能

一般的には、上記3の基準によって算出される慰謝料金額は、「①自賠責保険基準<②任意保険基準<③弁護士会・裁判所基準」となります。
 
通常、保険会社は、①自賠責基準及び②任意保険基準を利用して慰謝料金額を提示します。

上記①自賠責基準は、保険会社が交通事故被害者に支払う総支払額(治療費、休業損害、慰謝料等)が120万円を超えない場合に限り採用されるものであり、総支払額が120万円を超えた場合には、②任意保険基準に基づいて慰謝料が算出されることになります。
 
他方、③裁判基準(弁護士基準)は、弁護士が利用する基準です。
そして、上記のとおり、多くの場合、この③裁判基準を利用することで、入通院慰謝料の増額が可能です。

このようなことから、適正な金額での賠償額を得るためにも、交通事故事件は弁護士に相談することを強くおすすめします。
 

(3)慰謝料の相場について

慰謝料には、死亡慰謝料、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料の3つがありますが、ここでは、死亡慰謝料と入通院慰謝料の相場についてご説明いたします。

死亡慰謝料

① 自賠責基準 相場

死亡本人の慰謝料 350万円
遺族の慰謝料 遺族1人 550万円
遺族2人 650万円
遺族3人以上 750万円

 
② 任意保険基準 相場

一家の支柱が死亡した場合 1500万円~2000万円
18歳未満の無職者が死亡した場合 1200万円~1500万円
高齢者が死亡した場合 1100万円~1400万円
その他の者が死亡した場合 1300万円~1600万円

 
③ 裁判基準(弁護士基準)相場

一家の支柱が死亡した場合 2800万円
母親・配偶者が死亡した場合 2400万円
その他の者が死亡した場合 2000万円~2200万円

 

入通院慰謝料

① 自賠責基準 相場
自賠責基準の計算方法は、自賠責基準の入通院慰謝料は、1日4200円と決まっておりますので、入通院に費やした日数にこの1日あたり入通院慰謝料(4200円)を掛けた金額が、「慰謝料」金額となります。
なお、入通院に費やした日数とは、入院の場合は入院期間、通院の場合は実通院日数を2倍したものと、治療期間を比べて少ない日数を採用します。

② 任意保険基準
保険会社が独自に作成した基準表に従って算出されることになります。
例えば、1か月間入院した場合には、約25.2万円、1か月間通院した場合には、約12.6万円になります。

③ 裁判基準(弁護士基準)
裁判所で多く認められる基準表に従って算出されることになります。
例えば、1か月間入院した場合には、約53万円、1か月間通院した場合には、約28万円になります。

 
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.