評価損(格落ち)について

(1)評価損(格落ち)とは何か

評価損(格落ち)とは、交通事故により破損した車両を修理しても、車両の機能や外観が完全に修理されず欠陥が残ってしまった場合または破損が修復しても事故歴が残ることで売却価格が低下する場合に、その評価額の下落分の損害のことをいいます。

そして、この評価損(格落ち)が生じた場合には、交通事故の相手方に対し、損害賠償を請求することができます。

しかし、評価損は積極的に被害者側から請求しなければ受け取ることはできません。

また、被害者側から請求したとしても、保険会社が簡単にこの評価損を認めて保険金を支払うことはあまり期待できません。
なぜなら、保険会社はあくまで交通事故の相手方の立場であり、被害者に支払う保険金額をできるだけ抑えたいと考えているためです。

そこで、交通事故をきっかけとして車両等に評価損が生じてしまった、交通事故の相手方に対し評価損を請求したい、という方は交通事故の専門家である弁護士に一度相談されることをお勧めします。
 

(2)評価額の算定方法とは

この評価損(格落ち)の具体的な算定方法としては、①日本自動車査定協会作成の事故減価額証明書で算定する方法、②事故前と事故後の時価額の差額で算定する方法、及び③修理費の一定割合とする方法の3つがあります。
 
以下、この3つの内容について簡単にご説明いたします。
 

① 本自動車査定協会作成の事故減価額証明書で算定する方法

日本自動車査定協会に事故減価額証明書を作成してもらい、当該証明書に記載された減価額を評価損とする算定方法です。

判例で多く採用されるケースがこの①の算定方法です。
 

② 事故前と事故後の時価額の差額で算定する方法

事故前の車両の時価額と、事故後の車両の時価額を比較して、事故後の車両の時価額が下落した場合に、その下落分の価額を評価損とする方法です。

②には参考となる裁判例(神戸地裁平成13年3月21日)があります。
この裁判例では、(事故前)推定時価額455万円のベンツ500SLオープンカーが交通事故被害に遭い、事故後、評価額301万5000円と査定されたことから、交通事故を原因としたこのベンツ500SLオープンカーの評価損(格落ち)は、事故前推定時価額と事故後の査定価額の差額である153万円と認められました。
 

③ 修理費の一定割合とする方法

交通事故被害にあった車両の修理に要した費用の一定の割合分を評価損として認める算定方法です。

多くの場合、概ね修理費用の20%から30%程度の割合を評価損とされます。

もっとも、修理費用のうちどの程度の割合を評価損として認めるかは、修理の内容、被害車両の車種、登録年度、走行距離等諸般の事情により大きく異なります。

 
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.