被害者が知っておく(べき)保険の話

交通事故においては、様々な形態の保険があり、加害者が任意保険に加入していない場合でも、自賠責保険による救済が得られます。

また、自賠責保険による救済は一般的には低額となりますが、加害者が任意保険に加入している場合は、被害者の方が任意保険により救済を受けられます。

また、人身傷害保険では、被害者の方がご自身で加入している保険会社に対し、請求が可能です。

ただ、自動車に関する保険は以下のように多種多様で複雑なことから、極めてわかりにくいため、是非自動車事故に強みを持つ当事務所にお問い合わせ下さい。
 

自賠責保険について

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は、自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づいて、自動車の運行により生命または身体が害された人身事故の被害者を救済する目的で、すべての自動車に対し、契約することを義務づけている強制保険です。
 
自賠責保険に加入せずに自動車を運行すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます(自賠法86条の3第1号)。

自賠法の中には自賠責保険の規定のほかに、被害者が損害賠償の請求ができないとき(ひき逃げ事故、無保険車事故、盗難車事故などのとき)、国が加害者に代わって被害者に対して補償する政府の自動車損害賠償保障事業の規定があります。
 

任意保険について

人賠償責任保険

人身事故が起きた場合、上記のように、自賠責保険によって被害者の損害が最低限度補償されています。

しかし、自賠責保険ではまかなえない損害がある場合に、このまかなえない超過額を補償するのが対人賠償責任保険です。
つまり、任意保険の対人賠償責任保険は自賠責保険の上積み保険なのです
 

対物賠償責任保険

対物賠償責任保険は自動車事故により他人の財物を滅失、破損または汚損することにより被保険者が法律上の賠償責任を負った場合に、保険金が支払われます。
 

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険とは、自動車事故により契約車に乗車中の人(運転者や同乗者)が死傷した場合に、相手が対人賠償責任保険に加入していない場合、あるいは加入していても保険金額が不足している場合、また当て逃げなどで相手が分からない場合などに支払われる保険です。
 

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険は、被保険者が契約車(非保険自動車)または他の自動車に乗車中や歩行中に自動車事故により死傷した場合に、過失割合にかかわらず実際の損害額(定められた基準に基づいて算定した金額)が支払われる保険です。
 

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は非保険自動車に搭乗中の人(運転者や同乗者)が急激かつ偶然な外来の事故によって身体に傷害を被った(死亡、後遺障害、ケガを負った)場合に支払われる保険です。
 

車両保険

偶然な事故により、契約の自動車が損害を被った場合に支払われる保険です。

 
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.