治療打ち切り・症状固定と言われた方へ

保険会社から治療打ち切りでこれ以上治療費は負担できないといわれた場合

保険会社は、治療開始から一定の期間また一定の金額が治療に支出されると、治療が有効であるにもかかわらず、治療を打ち切るよう被害者の方に要請してくることがあります。
 
これは、自賠責保険の負担範囲内であれば、保険会社は最終的な治療費負担を負わなくなるため、自賠責の負担額を超えた場合、自社の負担となることを嫌って保険会社が治療を打ち切るよう要請してくるとも言われています。
 
しかし、まだ治療が有効に行われている以上、当事務所では、被害者の方の身体的、精神的回復を第一とし、保険会社が仮に理不尽な治療要求をしてきた場合には、これを跳ねのけ、被害者の方が適切な治療を受けることのできるように助力して参ります。
 

症状固定後の後遺症の認定が非常に重要です

症状固定後も後遺症が残る場合は、後遺障害の等級認定の問題となります。

この等級認定によって、後遺障害慰謝料の金額や、逸失利益の金額が大きく左右されるため、等級認定は非常に重要になります。
 
当事務所の弁護士は交通事故の問題を数多く取り扱ってきたため、後遺症診断書を医師に記載してもらう際、医師によっては、後遺障害診断書の記載に不慣れであったり、担当医が代わった際に引き継ぎが十分行われていない等の理由により、後遺障害認定に極めて重要な症状の記載が診断書に書かれない場合がみられます。
 
当事務所は、後遺障害の等級認定の際に重要な後遺障害診断書を医師に記載してもらうにあたり、被害者の方に記載してもらうべきポイントを説明するともに、必要な場合には直接、医師の診断に同行して被害者の方の症状を診断書に記載してもらい、被害者の方が適切な等級認定を受けられるようしっかりとサポートいたします。

 
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.