自転車で交通事故に遭われた方へ

自転車の交通事故特有の問題

自転車事故の場合にも加害者に過失(落ち度)がある場合には損害賠償請求を行うことが出来ます。
自転車事故については、今まで、保険制度が未整備であることから、被害者の方が適正な額の診断を受けることができない例があったと言われています。

自動車による交通事故の場合、加害者が任意保険に加入しているのが通常であり、仮に任意保険に加入していない場合でも被害者の方は自賠責保険から低い水準ながら支払いを受けることができます。
 
しかし、自転車による交通事故の場合は、加害者が任意保険に加入していること自体が少なく、その場合は保険による支払いがなされません。
ただし、そのような場合でも、加害者や加害者の家族が個人賠償責任保険等に加入している場合、保険会社より賠償金の支払いを受けられることがあります。

当事務所では、このような場合、保険の適用に有無が重大事項であることから、加害者や加害者の家族に保険に適用が受けられるかにつき適切に確認を促しています。
 

相手方が保険に加入していない場合の損害賠償

加害者が、保険に加入していない場合は、保険会社による支払がなされる場合とは違い、加害者が賠償金を支払うことができるかは不透明なため、あまり高額な請求をした場合には交渉がまとまらなくなる場合があります。

そこで、当事務所では、自転車事故で相手方が保険に加入していない場合には、裁判になった場合に減額される部分については減額し、また、加害者側に有利な事情も考慮に入れて交渉することにより、相手方と合意し被害者の方の実効的な救済を図ります。このように、当事務所は事案の応じた適切な交渉を行い、被害者の方が少しでも多くの救済を受けることのできるようベストを尽くします。
 

自転車による交通事故は当事務所にお任せください

このように、自転車事故には、特有の困難さがありますので、交通事故に豊富な経験を有する当事務所に是非ご相談下さい。
 
当事務所は自転車事故の場合も含め交通事故の法律相談は一律無料相談とさせていただいておりますので、安心してご相談下さい。

 
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.