Q&A:過失割合の修正について(回答)

2015-12-30
質問

Q&A:過失割合の修正について(質問)

回答 

「左側の相手側の車が有利らしく、最初に6-4での過失割合のスタートになった」との点ですが、
交通現場である交差点が、①信号機がない、②優先道路がない、③交差道路と通行道路の幅員に大差がない、④いずれにも一方通行規制がない、との前提であれば、確かに左方進行車両が優先となります(道交法36条1項1号)。お互い直進車ですよね。
そして、「いずれの車両も同程度の速度で交差点に進入した場合」であれば、過失割合のスタートは、「左:右=6:4」となります(判例もそうです)。

ただし、上記はあくまで「スタート」であり、①相手方の著しい過失(例としてわき見運転等著しい前方不注意)、②相手方が減速していなかった(目安として制限速度40キロの道路で時速20キロオーバー)、等の事情があれば、過失割合の修正要素となり、上記の「6:4」は、こちらに有利に修正されることになります。(※立証できるかどうかの問題は別途残りますが、主張しないことにははじまりません)

弁護士と相談して頂ければ、事故時の具体的な状況を少しお時間を頂いてお聞きして、過失割合の修正要素を探し出すことが可能と思います。

Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.