東京・港区の交通事故|慰謝料請求,損害賠償請求,後遺症に強い弁護士法律事務所のホームページ「交通事故慰謝料請求サイト」

交通事故の無料法律相談と無料賠償金診断
 

交通事故に遭われた方にご覧いただきたいページ

法律相談から解決までの流れ

1、交通事故が発生してしまったら

交通事故が発生したら 交通事故が発生してしまったら、まずは「治療」が最優先です。
気になる症状等があれば遠慮せずに全て医師に相談し、適切な「治療」を行い、とにかく「治療」に専念するようにしてください。交通事故発生後は、警察や保険会社へ連絡をして各種手続をとることも確かに必要ですが、この時期は、何よりも、「治療」に専念することが最優先です。そして、「治療」に専念するために、必要な手続等や今後のことについて不明な点があれば当法律事務所の弁護士による無料法律相談をご利用ください。また、場合によっては、交通事故が発生してしまった後直ぐに、初期段階から、加害者の保険会社への対応を、当法律事務所の弁護士が全て引き受けることも可能です。
なお、死亡事故の場合には、ご遺族の方にて、警察や保険会社との各種手続が必要となります。大切なご家族を亡くされて、各種手続や保険会社との示談交渉を進めることは相当に精神的なご負担が大きいものと思われます。このような場合にも、ぜひ当法律事務所の弁護士にご相談ください。

交通事故の解決の流れ

2、治癒もしくは症状固定・後遺症

治療期間中は、適正な補償に向けた検査等の準備が必要となります。したがって、治療を開始された交通事故の被害者の方は、できるだけ治療の初期から当法律事務所の弁護士に相談されることをお勧めします。
また、「症状固定」が問題となる場合にはさらに注意が必要です。「症状固定」とは、治療を継続しても大幅な改善が見込めない状態をいいます。そして、「症状固定」時に残存してしまった症状が「後遺症」です。そして、この「後遺症」が「後遺障害」として認定されれば、等級に基づいて慰謝料等の賠償を請求することができます。
その他にも、この「症状固定」は、損害賠償との関係では重要な意味を持ちます。例えば、「症状固定」後の治療費は、通常加害者に請求することはできません。また、入通院慰謝料の算定の時期も、「症状固定」時までを基準に計算することになります。逆を言えば、「症状固定」するまで損害額は増加することになりますので、「症状固定」前に保険会社と示談してしまわないように注意してください。また、「症状固定」は、決して、保険会社が一方的に決めることができるものではないとの点にも注意が必要です。

交通事故の解決の流れ

3、保険会社からの示談の提案と法律相談・損害賠償額の診断

治療が開始されてしばらくすると、保険会社から損害賠償額の示談の提案がありますが、ご自身の判断で勝手にサインされずに、保険会社の提示額が適正かどうかをまず検討する必要があります。そして、保険会社の提示額が適正かどうかの判断には、専門的知識が必要となりますので、このような場合にはぜひ交通事故の専門家である当法律事務所の弁護士に相談してください。特に交通事故の相談については、当法律事務所の弁護士において、無料法律相談を実施しておりますので、ぜひご利用ください。

交通事故の解決の流れ

4、弁護士が保険会社と示談交渉し補償額が決定する

保険会社の提示額の診断の結果、適正な補償額よりも低い金額が提示されていることが判明した場合(通常そのようなケースが大半です)、当法律事務所の弁護士が被害者の代理人として、保険会社と示談交渉を進め、適正な補償額を決定します。
必要があれば、加害者及び保険会社を相手取って訴訟手続を利用することも可能です。なお、被害者の方は、弁護士費用特約を利用すれば、被害者の方による弁護士費用の実質的な負担は「0」です。ご自身の加入されている保険に弁護士費用特約が付されているか、また、弁護士費用特約を利用できるかどうか、といったご相談も承っておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

ごあいさつ

banner 交通事故の加害者の加入する保険会社は、あくまで反対当事者の立場で示談交渉を進めますので、当然のことながら、適正な損害賠償額よりも大幅に低い金額で示談しようとします。したがって、皆様、交通事故の被害者の方が保険会社の提案を鵜呑みにすれば、適正な補償を得ることは出来ません。
他方で、交通事故の示談交渉には高度な専門的知識を必要としますので、一般の被害者の方が、示談交渉のプロである保険会社と対等に交渉を進めることは、容易なことではありません。そこで、交通事故の示談交渉の専門家である当法律事務所の弁護士が、被害者の方の代理人として保険会社との示談交渉を進め、適正な損害賠償額を決定することで、皆様、交通事故の被害者の方は治療に専念することができ、かつ適正な補償を得ることが可能となります。ぜひ一度、当法律事務所の弁護士にご相談ください。

Copyright(c) 2015「後遺症専科」交通事故後遺症専門弁護士による慰謝料請求専門サイト All Rights Reserved.